令和元年

日頃は弊店に格別のお引き立てを誠にありがとうございます。

 ついに新元号”令和”の時代が始まりました。
前元号の平成は昭和天皇がご崩御という悲しみと共に変わりましたので何となくどんよりした気持ちでしたことを記憶しますが、令和時代は日本中が華やかな気持ちで迎えられたように思います。
 手前どもは明治生まれの祖父、木南英一が昭和元年に二条城の北にありますこの地堀川丸太町西で店を構え、今年で94年になります。
言い換えれば昭和、平成の激動の時代を”良い価格で良い仕事のできる良いお店”でお客様にお喜びいただくことをモットーに日々精進しておりますが、その中で仕事を通して勉強させていただいたり、叱咤激励を頂戴したり、励まし、労いのお言葉を頂戴したりと常にお客様と共に歩んでまいりました。皆様には筆舌に尽くし難い感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。
さてこの令和時代もこの気持ちで日々精進し、お客様第一主義で社会に貢献していきますので今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

安達表具店

安達表具店は、京都市上京区の南端、二条城の北沿いにほど近い猪熊通に事務所と工房を構えて95年(令和2年現在)の歴史ある京表具店です。 日本の建築に欠かすことのできない襖、障子の新調、張り替え、製作だけでなく、額装や屏風、掛け軸までを幅広く取り扱っております。