心よりお見舞い申し上げます。

 この度は台風18号の影響で多大な被害に遭われた方々、心よりお見舞い申し上げます。私は京表具伝統工芸士である前にこの京都で生まれ育ったいち京都府民であり、いち京都市民です。少し台風の進路が違っていれば私の周辺が被害に遭っていたかもしれません。そう思うと到底他人事とは思えませんし、何か私のできることで協力させていただければと思っております。もし現在もなお何かふすま、障子、室内装飾の復旧でお困りのことがございましたら是非とも当店にご相談くださいませ。当店はいち表具店ではありますが私自身京都表具協同組合理事で、襖部に所属しており、またその下部組織の10社の有志からなります“ふすま相談室”にも属しておりますので、もしご相談が殺到しても対応させていただけます。何なりとご相談ください。

安達表具店

安達表具店は、京都市上京区の南端、二条城の北沿いにほど近い猪熊通に事務所と工房を構えて95年(令和2年現在)の歴史ある京表具店です。 日本の建築に欠かすことのできない襖、障子の新調、張り替え、製作だけでなく、額装や屏風、掛け軸までを幅広く取り扱っております。