本日伝統工芸士認定書授与式がありました。

 24日まで金閣寺前ギャラリー伝々で行いました”もって帰って京都”にはたくさんのお客様にご来場いただきまして本当にありがとうございました。またその中で皆さんに丁寧にアンケートにお答えいただけましたのでこれからの運営の参考にさせていただきます。重ねてお礼を申し上げます。
 さて本日11時より上京区の西陣織会館7Fにて伝統工芸士認定書授与式があり、私も出席し認定書を頂戴しました。
これからは自業の繁栄はもちろんですが、京都の産地の、つまり京表具の今まで以上の繁栄のために尽力を注いでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

安達表具店

安達表具店は、京都市上京区の南端、二条城の北沿いにほど近い猪熊通に事務所と工房を構えて95年(令和2年現在)の歴史ある京表具店です。 日本の建築に欠かすことのできない襖、障子の新調、張り替え、製作だけでなく、額装や屏風、掛け軸までを幅広く取り扱っております。