二曲屏風 (2枚折屏風)

二曲屏風は戦国時代に 襖を二枚綴じ合わせてできた形と言われています。

大きさは、片面で畳一帖ですから、地方により差があることになります。現代では最も一般的な屏風です。

安達表具店

安達表具店は、京都市上京区の南端、二条城の北沿いにほど近い猪熊通に事務所と工房を構えて95年(令和2年現在)の歴史ある京表具店です。 日本の建築に欠かすことのできない襖、障子の新調、張り替え、製作だけでなく、額装や屏風、掛け軸までを幅広く取り扱っております。