衝立 桑枠、金砂子

縁は本女桑(ほんめんくわ)、表紙に金砂子紙を用い、裏は本鳥の子総柄紙を使用した作品です。

衝立は室内装飾物、いわばインテリア用品の一種として用いられてきました。

この衝立は、普段は、落ち着いた本鳥の子総柄紙の面が見えるように置き、お正月などのおめでたい日、いわゆる「ハレ」の日には、晴れやかな金砂子の面を見せて、使い分けます。

当店では、衝立も数多く製作しております。また、修理も承っております。お気軽にお問い合せ下さいませ。


安達表具店

安達表具店は、京都市上京区の南端、二条城の北沿いにほど近い猪熊通に事務所と工房を構えて95年(令和2年現在)の歴史ある京表具店です。 日本の建築に欠かすことのできない襖、障子の新調、張り替え、製作だけでなく、額装や屏風、掛け軸までを幅広く取り扱っております。