ふすま張替

大阪の立派な御屋敷のふすま、障子を張り替えさせていただきました。ふすま紙は高級な手漉き本鳥の子紙で、一枚ウン万円の物を使わせていただきました。一般の紙に比べると分厚く、キメの細かい上質の雁皮、三椏で漉かれているため表面はツルツルで毛羽立ちが立ちにくくなっております。その紙を上質な風合いを長持ちさせるため、防カビ、防虫効果のある楮紙をふすま下地に二重に下張りして仕上げました。

安達表具店

安達表具店は、京都市上京区の南端、二条城の北沿いにほど近い猪熊通に事務所と工房を構えて95年(令和2年現在)の歴史ある京表具店です。 日本の建築に欠かすことのできない襖、障子の新調、張り替え、製作だけでなく、額装や屏風、掛け軸までを幅広く取り扱っております。