寡頭口の和紙貼り

お茶室に良く見られる寡頭口の和紙貼りは腰貼りと同様、当店では今後の貼替で土壁を傷めないよう襖、障子を貼る際に使用する通常のでんぷん糊ではなく、接着力の弱い布糊(布海苔)を使用します。また和紙はある程度ですと伸び縮みさせることができますので寡頭口のようなアールの部分でも貼ることができます。

安達表具店

安達表具店は、京都市上京区の南端、二条城の北沿いにほど近い猪熊通に事務所と工房を構えて95年(令和2年現在)の歴史ある京表具店です。 日本の建築に欠かすことのできない襖、障子の新調、張り替え、製作だけでなく、額装や屏風、掛け軸までを幅広く取り扱っております。