天井の額装仕立

先々代より大変ご贔屓頂いております京都西陣の老舗料亭の社長様より新装されましたお二階の通路の天井に望月玉成氏の古い絵35枚を貼りたいとのご依頼を頂き、こういった額装仕立をさせていただきました。絵の大半は破れ、砂子部分の欠損等かなりダメージがありましたが補紙して裏打ちし直し、再生して格天井のように4枚を本金砂子のマットの上に並べました。またどうしても空調で本紙が痛むためアクリルで押さえ縁を付け天井額のように設えました。社長様にも大変気に入っていただき良かったです。

安達表具店

安達表具店は、京都市上京区の南端、二条城の北沿いにほど近い猪熊通に事務所と工房を構えて95年(令和2年現在)の歴史ある京表具店です。 日本の建築に欠かすことのできない襖、障子の新調、張り替え、製作だけでなく、額装や屏風、掛け軸までを幅広く取り扱っております。