銀襖

京都のある有名寺院より張替のご依頼を頂きました。

金襖や銀襖は、施工に高い技術を必要とします。というのも、完璧に平らな面を作って仕上げをしなければ、光線の当たり具合によって、簡単に凹凸が見えてしまうからです。

下地に下張り和紙を何層にも貼ることにより、襖の品質も上がり、また、平らな面ができやすくもなりますが、予算が高くつくのも事実です。

当店では、伝統の職人技術によって、下張り和紙の枚数にかかわらず、綺麗に襖を仕上げることができます。

最近では、世代交代によって、金襖、銀襖や、箔押し紙を使った屏風などの施工ができない表具店も増えているようです。

当店では、厚生労働大臣認定一級技能表具士が、お客様のご予算に応じて、最適な方法で、こういった箔押し紙を用いた襖、屏風や衝立などの施工を行うことが可能です。お気軽にお問い合せ下さいませ。

安達表具店

安達表具店は、京都市上京区の南端、二条城の北沿いにほど近い猪熊通に事務所と工房を構えて95年(令和2年現在)の歴史ある京表具店です。 日本の建築に欠かすことのできない襖、障子の新調、張り替え、製作だけでなく、額装や屏風、掛け軸までを幅広く取り扱っております。