行灯・照明傘

和風にしてモダンな照明用の傘の張替をご依頼頂きました。

元は、手漉きの和紙が使われていましたが、引越の際に簡単に破れたこともあって、「破れない紙で」というご要望を頂きました。

そのため、今回は、ワーロン紙よりもさらに和風の趣ある「プラカ」という素材を使わせて頂きました。

プラカは、内部はプラスチックですが、素材の表面に和紙を用いているため、外観は和紙の風合いそのものです。強度は十分な上に、曲線を優雅に表現することができます。プラスチックと和紙、相反する素材の双方の長所を上手く活かして上品に仕上げることができました。

当店では、襖・障子などの表具の他、このような行灯・照明の傘といったインテリア用品の修理等も行っております。お気軽にお問い合せ下さいませ。

安達表具店

安達表具店は、京都市上京区の南端、二条城の北沿いにほど近い猪熊通に事務所と工房を構えて95年(令和2年現在)の歴史ある京表具店です。 日本の建築に欠かすことのできない襖、障子の新調、張り替え、製作だけでなく、額装や屏風、掛け軸までを幅広く取り扱っております。