お茶室 障子

某大手メーカーの会社ビル最上階にあるお茶室の障子を上質の漉いた和紙で張り替えさせていただきました。障子は、現在は大判の和紙がありますが昔は小判の和紙しか無かったため、継ぎ目をわざと見せ綺麗な模様に見せる段張り(石垣張り)という貼り方をしておりました。特にこだわったお茶室は今もなおこの貼り方が用いられております。

安達表具店

安達表具店は、京都市上京区の南端、二条城の北沿いにほど近い猪熊通に事務所と工房を構えて90年の歴史ある京表具店です。 日本の建築に欠かすことのできない襖、障子の新調、張り替え、製作だけでなく、額装や屏風、掛け軸までを幅広く取り扱っております。